• USTREAM
  • Facebook
  • Twitter

sew_logo

Sew イベント 『「育休世代」のジレンマ』から始める

男女で考える仕事とケアの未来

開催日時2014年10月4日(土) 11:00−13:00 (開場 10:30)
会    場フューチャーワークスタジオ Sew
開催場所〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート10F
定    員19名
参 加 費1000円(飲みもの、軽食代として)
主 催 者中野円佳 / Sew運営委員会
概要 今回のテーマは一冊の本から。
9月17日発売の中野円佳さん著『「育休世代」のジレンマ』。
https://www.facebook.com/ikukyu.dilemma

女性が企業の中で活躍しきれないという現在状況を分析した本著では、多くの社会構造の課題が述べられています。

意欲のあったはずの女性がなぜ企業勤めをやめてしまうのか?
育児や介護のケアの責任を背負うと仕事で活躍できないのは仕方がないのか?
そもそもこういった問題は女性だけの問題ではないはずでは?

自身も育休世代のママさんワーカーである中野さんと共に、これからの働く環境、社会環境のあり方を考えるワークショップ。
そして、今回のワークショップはSewでは初の土曜日開催!

まさに育児中の女性ワーカーの方々はもちろん、ぜひ男性の方々もお越しください。
詳細説明 10:30 開場
11:00 はじめに
11:00 中野円佳さんのご紹介
11:15 トークセッション
11:45 ワークショップのテーマ出題・説明
11:50 グループワーク
12:15 グループワーク発表
12:45 まとめトークセッション

13:00 懇親会
14:00 解散

中野円佳さん

『「育休世代」のジレンマ~女性活用はなぜ失敗するのか』(光文社新書、9月17日発売)著者。同著では、就職したときにはバリバリ働く気満々に見えた女性たちが、比較的若くして出産したのち、どのような困難にぶつかり、どのような行動に出ているかを15人の女性へのインタビューから分析。様々な局面で女性の意欲を「冷却」させる社会構造を指摘する。
1984年生まれ。2007年東京大学教育学部卒、新聞社入社。2014年立命館大学大学院先端学術総合研究科修士号取得。自身も一児の母で、東大卒の母親コミュニティ「東大ママ門」の立ち上げ人。

注意事項

男性・女性問わず、幅広くご参加下さい!
お子様の同伴も可能です。(同伴の場合は、必ずメールにてお子様の人数と年齢をお伝え下さい。)

参加方法 本イベントは終了しました。

news

twitter
facebook
このイベントに参加する