• USTREAM
  • Facebook
  • Twitter

sew_logo

Sew イベント 身体デザイン思考ワークショップ

骨からはじめる よりよい「すわり方」

レポート

猫背を治したい、何時間座っていても疲れないようにしたい、美しく見えるすわり方になりたい。
おのおのの思いや悩みを抱えて、すわり方をよりよくしたいと集まった参加者のみなさん。

「よりよいすわり方って、なんだろう?」

そんな問いかけからワークは始まりました。
あらためて聞かれてみると、よくわからない。一体なんだろう。
グループごとに話し合って考えてもらうと、負担がかからない、緊張していない、といった意見が出てきました。多くの人にとって、力のバランスを変えることが、よい状態の実現と言えそうです。

「では、からだの力を抜いてみましょう」

ファシリテータの齋藤美和子さんはそう言います。
でも、どうすればよいかわからない。みなさん頭をかしげていました。
自分のからだにどんな力が掛かっているのか、自分の状態を認識できていない、というわけです。
自分の中であたり前になっている状態を、いまの自分のものさしだけで意識することはとてもむずかしい。だから力の掛かり方を変えていくために、いま意識していないこと、「からだの中」という新しい視点をもってみる。

齋藤さんは身体デザイン思考という学習プログラムをつくり、自分の身体のまなび方を提案しています。
こういう活動をするキッカケは、そもそも自分が健康オタクだったから!という齋藤さん。
知らないことをまずは「知る」。できない、変われないと思っていたことも、自分で知ることから変わりはじめたそうです。

そして、今回のテーマ「よりよいすわり方」を考えるために、からだの中の土台である骨盤についてまなんでいきました。

人体模型で立体的なかたちを見たり、自分のからだを触りながら骨盤のかたちを実況中継したり。
撮影した自分のすわり方の写真を見ながら、ほかの参加者からレビューをもらったり。
普段見ることのない写真上の自分の姿をみて、自分が思い描いていた姿と違うと感じた方も多かったようです。

さらに、自分の中にある骨盤のかたちや傾きを、さまざまなアプローチから「知覚」していきました。
そのプロセスを通じて新たに得た視点を意識してすわることで、最終的に多くの方がラクになった感覚があるとおっしゃっていました。

自分のからだの状態の認識を深めていく。
「よりよい」を考えるには、まずはその気づきから。

そんな発見を与えてくれたワークショップでした。

開催日時2015年4月24日(金)19:00−21:00(開場 18:30)
会    場Future Work Studio ”Sew”
開催場所〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート10F
定    員15名
参 加 費1000円(飲み物、軽食代として)
主 催 者処デザイン学舎/Sew運営委員会
概要 あなたは普段どんな「すわり方」をしていますか?

わたしたちは
イスにすわりながら、多くの時間を過ごしています。

とくにパソコン作業が増えたことで
現代人は「すわる」ことに関して、たくさんの悩みをかかえています。
イスがカラダに合わない、疲れる、腰が痛い‥。

そんな悩みに根本から向き合うために、
自分の「すわり方」を知ってみませんか?

骨から考えてみる
よりよい「すわり方」、よりよい日々の過ごし方。


今回のSewは
からだの使い方を「自分で」変えていくための
学習プログラム『身体デザイン思考®』の切り口から、
自分たちのすわり方について見つめし
そして日々の生活をよりよくする糸口を探ります。

春一番のSewイベント、ぜひご参加ください!
詳細説明 18:30 開場
19:00 ごあいさつ
19:10 ワークショップ開始
20:55 ワークショップ終了
21:00 懇親会
22:00 終了

齋藤 美和子さん

処デザイン学舎 主宰/慶應義塾大学SFC研究所上席所員

慶應義塾大学経済学卒業後、日系・外資系金融機関で法人営業としてはたらく。よりよりワークライフの実現に、身体のあり方の重要性を肌で感じる。一念発起で金融業界を卒業し、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科で人間の動きとその学習法・能力開発を研究。ボディワーク:フランクリン・メソッド(FM)エデュケーター資格取得。現在は、認知科学や生体力学に基づく科学知と、FMの実践知を融合した学習プログラム「身体デザイン思考®」を開発し、ワークショップを企画運営。「自分の環境」をよりよくする学びをつくる、処デザイン学舎を主宰。

注意事項

・ご来場の際は、ニューオータニガーデンコート1階オフィスエレベーター前の警備員の方にお声掛けの上、10階にお越しください。

・ワークショップ終了後には懇親会がございます。あわせてご参加ください。

参加方法 このイベントは終了しました。

news

twitter
facebook
このイベントに参加する